PHD2 2.6.6 の日本語化ファイル (2019/12/13更新)
by eibow

PHD2 ver.2.6.6 (2019/03/24 公開)の日本語訳ですが、前回翻訳したバージョンから2年あまりが経過しての公開です。
PHD ver.2.6.4からの変更が数千点に及び翻訳に時間がかかってしまいました。一気にやろうとしても、なにせものぐさですので
すぐ飽きてしまい、結局作業には半年くらいかかってしまいました。
なので、最初に作業した頃と最後の頃では翻訳に整合性がとれてないものもあるかもしれません。
例によって利用に当たっては自己責任でお願いします。いかなる事態が起きても責任は負えませんので。

以下の手順で、ファイルを置き替えますと 日本語対応となります。

Fig.1:起動画面

 

Fig.2:ファイルメニュー Fig.3:ガイドメニュー Fig.4:ツールメニュー Fig.5:表示メニュー

 

Fig.6:ダークメニュー Fig.7:ブックマークメニュー Fig.8:ヘルプメニュー


日本語ファイルをここに置きます。(クリックでダウンロード)
         
PHD2 ver.2.6.6 日本語化ファイル

ZIPで圧縮しています。インストール方法は後述します。


1.PHD2 ver.2.6.6 インストーラーのダウンロード
下記URLにアクセスします。

http://openphdguiding.org/

次に、Head to Downloads for the installation......のDownloadsをクリックしてダウンロードページへ移ります。
Download v2.6.6 for Windows」ボタンをクリックします。

"PHD2-v2.6.6-installer.exe"というファイルがダウンロードされます。


2.ソフトのインストール
ダウンロードした"phd2-v2.6.6-installer.exe"をダブルクリックします。
画面の指示に従って操作します。ある程度日本語で表示されますので操作には困らないと思います。

3.日本語化ファイルセット
プログラムがインストールされるディレクトリは、

"C:\Program Files (x86)\PHDGuiding2"  (Windows 64bit版の場合)
"C:\Program Files\PHDGuiding2"    (Windows 32bit版の場合)

プログラムがインストールされたディレクトリ内に"locale"というディレクトリができています。
さらにその中に[de_DE]、[fr_FR]、[ja_JP]、[pl_PL]、[ru_RU]、[zh_CN]という言語別のフォルダがあります。

ここの[ja_JP]というフォルダに
上記の日本語化ファイルを解凍してできた、messages.moをコピーします。

具体的には以下の場所になります。

"C:\Program Files (x86)\PHDGuiding2\locale\ja_JP\messages.mo"  (Windows 64bit版の場合)
"C:\Program Files\PHDGuiding2\locale\ja_JP\messages.mo"    (Windows 32bit版の場合)

(注)管理者権限のあるユーザーで行って下さい。
  英語に戻したい場合は、 ブレインアイコン→全体設定→言語を[English]にして再起動して下さい。


以上の操作を行った後、再起動をすると、ver.2.6.6対応となります。

4.その他
今回、極軸アラインメントツールが2つ追加になっています。いずれもテストはしてみてはいません。
なので適切でない訳があるかも知れません。いや、あるはずです。

なお、当面このバージョンを使い続けたい場合は、ブレインアイコン→全体設定→ソフトウェアの更新
[更新を自動的に確認]のチェックを外しておいてください。

Fig.9:詳細設定画面


なにか気付きがありましたら、面倒でなければ「連絡先」までメールください。

以上