統計解析言語「R」のインストール (2018/02)  by eibow

はじめに

当方のOSは、Linux Mint 18.3 Xfce 64bit版ですが、これに統計解析言語「R」(以下、R言語)を
インストールする方法について述べます。
他のOSは使ってませんので、どれでもこの方法でうまくいくかどうかは不明です。自分用のメモです。
なおRStudioはインストールしてません。

1.R言語本体のインストール

何も考えずにapt-get install r-baseとすると、古いバージョンがインストールされるそうです。
なので以下の下準備が必要です。

1.1.apt-getの前の下準備

まずターミナルエミュレータを起動して、Linux Mintのバージョンを確認します。

$ cat /etc/lsb-release
 DISTRIB_ID=LinuxMint
 DISTRIB_RELEASE=18.3
 DISTRIB_CODENAME=sylvia
 DISTRIB_DESCRIPTION="Linux Mint 18.3 Sylvia"


ここで出てくる、「DISTRIB_CODENAME=sylvia」を確認します。
Linux Mint 18.3 (syivia)は、Ubuntu 16.04.3 LTS (xenial)ベースです。
したがって「Ubuntu 16.04.3 LTS (xenial)」と読み替えて設定します。

次にダウンロード元のミラーサイトを登録するので確認します。

https://cran.r-project.org/mirrors.html


3つありますが、一番上のURLにします。これをsources.listに登録します。

$ sudo nano /etc/apt/sources.list


一番下に以下の行を追加します。

deb https://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/


実際の「nano」の画面です。



1.2.公開鍵登録

次に公開鍵登録のため、次のコマンドを入力します。

$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
$ gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -



1.3.インストール

これで本体をインストールする準備ができましたので、次のコマンド入力します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base


インストールが無事終わりましたら、最新版かどうかバージョンを確認します。

$ R --version

R version 3.4.3 (2017-11-30) -- "Kite-Eating Tree"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

R is free software and comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You are welcome to redistribute it under the terms of the
GNU General Public License versions 2 or 3.
For more information about these matters see
http://www.gnu.org/licenses/.


どうやら最新版のようです。


2.ライブラリのインストール

引き続き画像関係のライブラリを登録します。

2.1.library(png)

先に、libpng-devをインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install libpng-dev

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
注意、'libpng-dev' の代わりに 'libpng12-dev' を選択します

以下省略


次に管理者でRを起動します。そしてpngライブラリをインストールします。

$ sudo R

> install.packages("png")

パッケージを ‘/usr/local/lib/R/site-library’ 中にインストールします
(‘lib’ が指定されていないため)
URL 'https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/cran/src/contrib/png_0.1-7.tar.gz' を試しています
Content type 'application/x-gzip' length 24990 bytes (24 KB)
==================================================
downloaded 24 KB

* installing *source* package ‘png’ ...

途中省略

* DONE (png)

ダウンロードされたパッケージは、以下にあります
‘/tmp/RtmpfFAlGu/downloaded_packages’


2.2.library(jpeg)

先に、libjpeg-devをインストールする必要があります。

$ sudo apt-get install libjpeg-dev

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
libjpeg-turbo8-dev libjpeg8-dev
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libjpeg-dev libjpeg-turbo8-dev libjpeg8-dev

以下省略


次に管理者でRを起動します。そしてjpegライブラリをインストールします。

$ sudo R

> install.packages("jpeg")

パッケージを ‘/usr/local/lib/R/site-library’ 中にインストールします
(‘lib’ が指定されていないため)
URL 'https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/cran/src/contrib/jpeg_0.1-8.tar.gz' を試しています
Content type 'application/x-gzip' length 18046 bytes (17 KB)
==================================================
downloaded 17 KB

以下省略


2.3.library(tiff)

先に、libtiff-devをインストール必要があります。

$ sudo apt-get install libtiff-dev

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
注意、'libtiff-dev' の代わりに 'libtiff5-dev' を選択します

以下省略


次に管理者でRを起動します。そしてtiffライブラリをインストールします。

$ sudo R

> install.packages("tiff")

パッケージを ‘/usr/local/lib/R/site-library’ 中にインストールします
(‘lib’ が指定されていないため)
URL 'https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/cran/src/contrib/tiff_0.1-5.tar.gz' を試しています
Content type 'application/x-gzip' length 28925 bytes (28 KB)
==================================================
downloaded 28 KB

以下省略


2.4.library(exifr)

ついでに、Exif(撮影条件に関する情報)が読み出せるライブラリも入れておきます。

管理者でRを起動します。そしてexifrライブラリをインストールします。

$ sudo R

> install.packages("exifr")

以下省略


2.5.ライブラリ一覧

ライブラリがちゃんとインストールされたかどうか以下のコマンドで一覧表示してみます。

$ R

> library()



最後に

記事にすると、簡単にインストールしているように見えますが、結構試行錯誤しています。
特に画像関係のライブラリがインストールできずに悩みました。誰かの参考になれば幸いです。

以上