リンク
2017-urakan-ものぐさ


 
NGC6814(わし座 銀河)
2017.08.20 22h33m Gain200 180sX9exp ZWO ASI174MC-Cool(エレクトリックシープ)
760mm/F3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16ICmono+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
NGC6814はわし座南端にある銀河です。天の川からほんの少し外れた場所にあります。
先程のNGC6946ほどではないにしろ、夏の銀河の中では立派な部類です。
直径8.5万光年ということで、天の川銀河よりほんの少しコンパクトな銀河のようです。
もう少し露出を掛ければ詳細な渦巻構造を捕えることができたのですが、
没フレームが多かったため、予定の半分以下の枚数となりました。
後半曇って来たのと、ガイドエラーが頻発したためです。
どうやら赤道儀のオルダムカップリングが限界のようで、
ガイドソフトの修正グラフが定期的にピンピンと跳ねていました。
遂に交換かぁ・・・・・
 
 

 
NGC6946&SN2017aew (はくちょう座 銀河、超新星)
2017.08.20 21h02m Gain200 180sX21exp ZWO ASI174MC-Cool(エレクトリックシープ)
760mm/F3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16ICmono+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
皇座山へのオフ会に行けなかったので、仕方なく一人自宅にて撮影です。
毎年撮影するお気に入りのNGC6946です。
夏の銀河では間違いなくNo.1の雄姿です。
今年の5月14日に超新星SN2017aewが発見されています。
発見当初は13等で白色でした。現在は光度はさほど落ちていないようですが、赤い色になっています。
後程光度測定してみます。 →14.0等でした。
 
 
 

 
いて座付近
2017.05.27 23h30m ISO1600 10s Pentax K-5IIs
24mmF4.0(smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL)
固定撮影 周南市菅野公園
 
19日は皇座山でほぼ1年ぶりのオフ会(観望会)がありましたが、
残念ながら小生は所用で行けませんでした。
皇座山で天の川を見たかったのですが・・・・・残念!
皇座山が以前以上に星見の名所として賑わう場所になることを切に願っております。
 
写真は5月のオフ会で撮影した菅野公園の天の川です。
画像処理をせずに放ったらかしていたものです。
この菅野公園は、ダム湖の蒸気でガスりやすいのですが、
こういう雰囲気は個人的に嫌いではありません。
当地からは皇座山よりも近いので、またふらりと出かけてみるのも悪くないかもしれません。
 
 

 
IC4954、IC4955(こぎつね座 散光星雲)
2017.08.18 21h58m Gain200 180sX4exp ZWO ASI174MC-Cool(エレクトリックシープ)
760mm/F3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16ICmono+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
こぎつね座の星雲横丁をまだはしごしております(笑)
IC4954、IC4955はこぎつね座の北端にある散光星雲です。
IC4954の一部ははくちょう座にあります。
といっても、いずれも小さな星雲ですが・・・・・
昨日のNGC6813といい、今回の2つといい、日本人の撮影者はネットでは見当たらないようです。
というわけで、一番乗りは実に気持ちいいですね!(笑)
 
ホントはライトフレームを20枚ほど撮影予定でしたが、途中で曇って来て4枚に留まりました。
その代わり、晴れるのを待っている間ダークフレームは10枚ほど撮れました。
結局このまま晴れなかったので、ライトフレームよりダークフレームの方が多い画像処理になりました。
 
 

 
NGC6813(こぎつね座 散光星雲)
2017.08.13 22h26m Gain200 180sX19exp ZWO ASI174MC-Cool(エレクトリックシープ)
760mm/F3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16ICmono+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
久々の直焦点撮影です。これから徐々に星屋に復帰しようと思います。
ところで、夏といえば星雲の季節!というわけで、小生も旬のものをゲットしました。
どうですか? と言われても困るくらいに小さな散光星雲ですね。(笑)
拡大して見てください。
こぎつね座にも散光星雲がたくさんありますが、
どちらかというと星雲銀座、というよりも星雲横丁という感じです。
その中でも一番小さなNGC散光星雲がNGC6813です。
はくちょう座との境界に近いところに位置します。
 
長いことブランクが空いていたのですが、
ノートを見ながらいつもより時間をかけて丁寧に準備しました。
撮影自体はうまくいきましたが、あちこち機材のメンテナンス不足が露呈しました。
 
 

 
夏の大三角
2017.08.12 21h33m ISO3200 10s Pentax K-5IIs
18mmF3.5(smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL)
固定撮影 岐阜県山縣市
 
お盆に家族サービスで岐阜県の山奥に行ってきました。
泊った場所は瀬見峡という峡谷で、天頂付近以外は殆ど視野が確保できません。
この日はペルセウス流星群の極大日だったので、
流れ星を見るためにずーっと空を見上げていましたが、首が痛くなってきました。
寝っ転がろうと思いましたが、ヒルがいるので断念。
カメラ任せにする作戦に出ましたが、結局とらえることができませんでした。
というわけで、題名は標記の通りとなった次第です。
もっとも、アルタイルがギリギリなのですが・・・・・
 
 

 
月面X(月齢7.3)
2017.07.01 19h39m ISO800 1/320x50exp Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 写真の下が北
 
今日の昼間は梅雨の合間の久々の晴天でした。
丁度日没の時刻が月面Xの見頃だったのですが、本撮影はそれから約1時間後のものです。
といっても、まだ明るい青空ですが・・・・・
 
矢印の位置が月面Xと言われる個所です。
コントラストが低いので、あまりハッキリとは写っていません。
拡大してご覧ください。
 
 

 
天の川
2017.06.03 01h38m ISO3200 10s Pentax K-5IIs
18mmF4.0(smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL)
固定撮影 防府市台道
 
寝る前に先程と同じ場所から撮影した天の川です。
直後にupしたかったのですが、次の日が早いため寝ました。
 
先程の写真もそうですが、撮って出しのJPEGをそのままサイズダウンしただけです。
見た目に近いイメージに仕上がっていると思います。(何もしていませんが・・・・・)
ダーク処理もノイズリダクションもなし。
これくらいなら撮って出しの方が画像処理エンジンでノイズを綺麗に消してくれるようです。
 
改めて、当家のあたりは、やはり星見に恵まれた環境なんだなと感じました。
 
 

 
蠍の月光浴
2017.06.02 23h43m ISO3200 10s Pentax K-5IIs
18mmF4.0(smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL)
固定撮影 防府市台道
 
仕事より帰宅して、ふと見上げると、西の宙に半月を過ぎた月がありました。
いつもは星屋に忌み嫌われる月ですが、今日は何となくこの軟らかい光に癒されたくなりました。
家に入らず、先週から車のトランクに入れっぱなしのカメラと三脚を持ってそのまま夜の散歩に出かけました。
 
眼前には、月の光に照らされて緑の映えた水田が広がり、
心地よい風に乗って蛙の声と、微かな泥の香りがします。空気もうまい!
身近な季節を五感で感じながら星を見る喜びは、遠征先では味わえませんネ。
 
ただ、この時期はいつも春霞と町の光でどんよりと何も見えない南天ですが、
今日は空の透明度が高く、月夜の晩にも関わらず、頭から尻尾までさそりの全景が確認できました。
この感激を何とか記録に収めたいという想いで、シャッターを切りました