リンク
2018-eibow-ものぐさ



38P/Stephan-Oterma ふたご座
2018.11.14 00h21m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

以下の写真はどれも、Rawtherapeeで現像(バッチ処理)してから、imageSynth.Rでコンポジットした後、
Gimpでレベル調整(ホワイトバランス自動補正)したものじゃけー。
市街地でISO6400で撮ると、撮影画面が真っ白で、写っちょるかどうかもすぐには分からんのが欠点じゃね。
Rawtherapeeは富士フィルムのX-Trans CMOSセンサーのRAW画像に対応しちょる貴重なソフトじゃね。
imageSynth.Rは、コンポジットする枚数が4枚じゃろうが8枚じゃろうが、作業中はメモリを4GB程度消費するけーね。




64P/Swift-Gehrels アンドロメダ座
2018.11.14 00h09m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


天王星 おひつじ座
2018.11.13 23h41m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


46P/Wirtanen ろ座
2018.11.13 23h28m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



38P/Stephan-Oterma ふたご座
2018.11.11 01h50m 120sec_4exp ISO1600 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

Rawtherapeeで現像(バッチ処理)し、imageSynth.Rで合成した後、Gimpでレベル調整(ホワイトバランス自動補正)
ほとんど手抜きをしちょります。


38P/Stephan-Oterma ふたご座
2018.11.06 00h01m 60sec_4exp ISO1600 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


46P/Wirtanen ろ座
2018.11.05 23h47m 60sec_4exp ISO1600 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



金星・木星・月
2018.08.17 19h42m 2Sec ISO400  X-M1 16mm/F4 (16-50mm Zoom)

 
5/20はひさびさによう晴れちょったので、気の向くまま撮影してみたがね。CanonやNikonと違ごうてFujiは撮影した画像を
すぐに確認できんのじゃ。カメラをパソコンからコントロールできんし、画像もすぐにダウンロードして確認できんしね。
そんなんで、画像処理してみるまでどのくらい写っちょるかどうかわからん。CanonやNikonの場合じゃとダウンロードされて
きた画像をすぐに簡易画像処理して確認しちょるんじゃけどね。じゃが60秒露出じゃと写っちょらんでも諦めがつくわいね。

Pal 11 わし座(球状星団)
2018.05.20 01h28m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょります。


Cr 399 こぎつね座(散開星団?)
2018.05.20 01h16m 60sec_5exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


C/2016 M1 (PanStarrs)
2018.05.20 01h02m 60sec_5exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC5903ほか てんびん座(銀河)
2018.05.20 00h46m 60sec_3exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC5986 おおかみ座(球状星団)
2018.05.20 00h37m 60sex_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M83 うみへび座(南の回転花火銀河)
2018.05.20 00h21m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



無謀にも、光害対策フィルターを付けんで、ISO6400で南天の光害だらけの空を撮影してみたがね。
120秒のほうは、画像処理するまで真っ白で何も写っちょらんようじゃった。同時にJPEGでも撮っちょるんじゃが、
JPEGは画像処理しても色が飛んでしもうちょった。やっぱりRAWはすごいんじゃね。一応写っちょるわね。
60秒のほうは、画像処理する前から何か写っちょるというのがかすかに分かるね。ほぼ真っ白じゃが。

NGC6334
2018.05.20 00h06m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょるけーね


NGC6334
2018.05.19 23h53m 120sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょるけーね


この夜もよう晴れちょったので、X-M1で撮影してみたわいね。撮影条件は全て一緒じゃね。
ISO3200で60秒
。M55は低空でコンディションが良うないので、8枚撮影したが、ほかは全て4枚のコンポジットじゃね。

これ以上感度を上げて60秒露光すると、画面はまっ白けじゃね。次回は光害カットフィルターを付けて感度を上げてみようかね。