Cartes du Ciel (Skychart) Ver.4.0の日本語化(2017/09)
by eibow

"Cartes du Ciel (Sky Charts)"はフリーの秀逸な星図ソフトですが、
自動導入ツールとしても優秀です。


また、Windows版だけでなく、MacOS版やLinux版(各種)、FreeBSD版がある
のも、すばらしいところです。(Intel CPU版)

さらに、いま流行りの、[Raspberry Pi 2/3]で動作するARM CPU
もあります。
実際、[Raspberry Pi 2]で動作させてみましたが、感動ものです。
当然、ARM CPU版も日本語化が可能です。


当方は現在、自動導入ツールとしてWindowsOSで常用しています。
機器設定はASCOM+EQMODです。それ以外の環境はわかりません。
使い勝手はいいです。(「CdC(Skychart) 3.10とEQ6Proで自動導入」参照)


Ver.4.0では一層描画スピードが改善されているように感じます。
また、彗星、小惑星、人工衛星の軌道要素ファイルの更新メニューが
前バージョンよりわかりやすくなりました。

それでは最初にWindowsOSでのインストールと日本語化の方法、次に
LinuxOS(Debian系)でのインストールと日本語化の方法について説明します。

1.WindowsOSの場合
(1)Cartes du Ciel(Skychart)ファイルのダウンロード

http://www.ap-i.net/skychart/en/download

上記URLにアクセスしたら、自分のOSに合わせて[Download]、[Skychart 4.0]から
"Windows 32bit setup"または "Windows 64bit setup"をクリックします。

ダウンロード画面



"skychart-4.0-3575-windows.exe"または
"skychart-4.0-3575-windows-x64.exe"
というファイル(2019年9月現在)がダウンロードされます。

ついでに、[Additional Catalog]の
[Stars catalogs] "Windows setup"
[DSO catalogs] "Windows setup"
[DSO pictures] "Windows"
をそれぞれダウンロードしておきます。


(2)ソフトのインストール
"skychart-4.0-3575-windows.exe"または
"skychart-4.0-3575-windows-x64.exe"をダブルクリックします。

画面下の[Next]をクリックしていくと以下のようにインストールが進んでいきます。
(注)画面はクリックすると大きいものが表示されます。

インストール画面1 インストール画面2
   
インストール画面3 インストール画面4
   
インストール画面5 インストール画面6
   
インストール画面7 インストール画面8



[インストール画面8]が表示されたらインストールは完了です。[Finish]をクリックして
終了します。
これでデスクトップに"Cartes du Ciel"のアイコンが出来ているはずです。



(3)観測地の設定
デスクトップに出来た"Cartes du Ciel"のアイコンをダブルクリックします。

最初の1回だけ新機能などの情報を表示する画面[新機能&バグフィックス情報画面]が現れます。
[Next]をクリックして[観測地の設定画面]に進みます。

[観測地の設定画面]では[Obsrvatory database]をクリックして、国名、都市名と
選択します。
とりあえず一番近い場所を選択します。
ここでは我が家に一番近い[Japan]→[Yamaguchi]としています。


[観測地の設定画面4]で[OK]をクリック、[観測地の設定画面5]で[Apply]を
クリックすると
[プラネタリウム画面]となります。

ここで一旦プログラムを終了します。
メニューの[File]→[Exit]クリック、またはウィンドウの[×]ボタンをクリックします。
[終了確認画面]が出たら[Yes]または[No]のどちらかをクリックします。


新機能&バグフィックス情報画面 観測地の設定画面1
   
観測地の設定画面2 観測地の設定画面3
   
観測地の設定画面4 観測地の設定画面5



プラネタリウム画面 終了確認画面



(4)日本語化設定
日本語化は、メニューと星座名について行いました。
星の固有名と星雲星団名については、英語で問題ないため行っておりません。

ファイルはここに置いておきます。→Cartes du Ciel (Sky Charts)Ver.4.0 Windows日本語化ファイル
ZIPファイルですので適当なソフトで解凍して下さい。

さて、プログラムがインストールされたディレクトリは、[C:\Program Files\Ciel]です。

この中に[data]というディレクトリがあります。[data]の中が[インストールディレクトリ2]です。

そこに[language][constellation]というディレクトリがあります。
ここに上記の日本語化ファイルをコピーします。
(注)管理者権限のあるユーザーで行って下さい。そうでないとコピーできません。

[language]ディレクトリに"skychart.jp.po"ファイル
[constellation]ディレクトリに"constlabel_jp.cla"ファイル
それぞれコピーします。これで日本語化作業おしまいです。

なお全て日本語化しているわけではありません。
独断と偏見で、無理に日本語化すると意味が分かりにくくなると判断した所や、
使うあてのない機能の部分はあえて訳してません。

インストールディレクトリ1 インストールディレクトリ2
   
インストールディレクトリ3 インストールファイル1
   
インストールディレクトリ4 インストールファイル2



もう日本語化されてるはずですが、されないという人は、
メニュー[望遠鏡]→[望遠鏡設定]→[言語]タブを確認してみてください。
設定を"Default(jp_JP)"として下さい。

言語設定画面

 

日本語化されたプラネタリウム画面(Windows)


(5)追加カタログのインストール
セットアップ作業が完了したら、先ほどダウンロードしておいた[Additional Catalog]のデータ

[Stars catalogs] "skychart-data-stars_4.0-3421_all.exe"
[DSO catalogs]  "skychart-data-dso_4.0-3431_all.exe"
[DSO pictures]  "skychart-data-pictures_4.0-3421_all.exe"

をそれぞれダブルクリックしてインストールして下さい。

(6)観測地の再設定
先ほどは、観測地を適当に選定しました。ここで再度観測地を設定し直しておきます。
メニュー[設定]→[観測地]で、[観測地の設定画面]が表示されます。

まず名前欄にわかりやすい地名を入力します。日本語でもちゃんと表示されるので大丈夫です。
次に[緯度][経度][高度]を修正します。最後に[OK]をクリックしたら完了です。


2.LinuxOS(Debian系)の場合
(1)Cartes du Ciel(Skychart)ファイルのダウンロード

http://www.ap-i.net/skychart/en/download

上記URLにアクセスしたら、自分のOSに合わせて[Download]、[Skychart 4.0]から
"Linux Deb 32bit"または "Linux Deb 64bit"をクリックします。

ダウンロード画面



"skychart_4.0-3575b_i386.deb"または
"skychart_4.0-3575b_amd64.deb"
というファイル(2019年9月現在)がダウンロードされます。

ついでに、[Additional Catalog]の
[Stars catalogs] "Linux Deb"
[DSO catalogs] "Linux Deb"
[DSO pictures] "Linux Deb"
をそれぞれダウンロードしておきます。


(2)ソフトのインストール(64bit環境で説明します。)
Linux版ではlibpasastroというライブラリが必須になりました。
以下のサイトよりDebファイルをダウンロードします。

https://sourceforge.net/projects/libpasastro/

アクセスしたら、[Download](下記画面参照)をクリックします。

"libpasastro_1.1-19_amd64.deb"

というファイル(2019年9月現在)がダウンロードされます。

libpasastroダウンロード画面



ダウンロードファイル"libpasastro_1.1-19_amd64.deb"で右クリックします。
表示されたメニューの[GDebiパッケージインストーラーで開く]で左クリックします。
GDebiパッケージインストーラーが起動し、ソフトの依存関係を調べます。
問題なければ画面下の[パッケージをインストール]をクリックします。

(注)[GDebiパッケージインストーラー]がインストールされていないという人は、
端末ソフトを起動し、以下のように入力してインストールします。

 $ sudo apt install gdebi



次に、"skychart_4.0-3575b_amd64.deb"で右クリックします。
同様に、表示されたメニューから[GDebiパッケージインストーラーで開く]を左クリックします。
GDebiパッケージインストーラーが起動し、ソフトの依存関係を調べます。
問題なければ画面下の[パッケージをインストール]をクリックします。

これでインストールは完了です。

(3)追加カタログのインストール
本体のインストールが完了したら、先ほどダウンロードしておいた[Additional Catalog]のデータ
[Stars catalogs] "skychart-data-stars_4.0-3421_all.deb"
[DSO catalogs] "skychart-data-dso_4.0-3431_all.deb"
[DSO pictures] "skychart-data-pictures_4.0-3421_all.deb"

で上記と同様の操作を行いインストールします。


(4)観測地の設定
メニュー[教育]→[Skychart]と辿って、アイコンを左クリックし[Skychart]を起動します。

最初の1回だけ新機能などの情報を表示する画面[新機能&バグフィックス情報画面]が現れます。
以降の操作はWindows版と同じです。
設定が終わったら、同様に一旦プログラムを終了します。


(5)日本語化設定
日本語化は、メニューと星座名について行いました。
星の固有名と星雲星団名については、英語で問題ないため行っておりません。

ファイルはここに置いておきます。→Sky Charts (Cartes du Ciel) Ver.4.0 Linux日本語化ファイル
tar.gzファイルですので適当なソフトで解凍して下さい。

解凍したデータを以下の場所にコピーします。
ファイルマネージャーでコピーする場合はフォルダを[Rootとして開く]で開いて下さい。

 /usr/share/skychart/data/language/skychart.ja.po
 /usr/share/skychart/data/constellation/constlabel_ja.cla


以上で完了です。再度、起動すると日本語化されているはずです。

日本語化されたプラネタリウム画面(Linux)


(6)観測地の再設定
先ほどは、観測地を適当に選定しました。ここで再度観測地を設定し直しておきます。
メニュー[設定]→[観測地]で、[観測地の設定画面]が表示されます。

まず名前欄にわかりやすい地名を入力します。日本語でもちゃんと表示されるので大丈夫です。
次に[緯度][経度][高度]を修正します。最後に[OK]をクリックしたら完了です。


以上