リンク
2018-eibow-ものぐさ


 
5/20はひさびさによう晴れちょったので、気の向くまま撮影してみたがね。CanonやNikonと違ごうてFujiは撮影した画像を
すぐに確認できんのじゃ。カメラをパソコンからコントロールできんし、画像もすぐにダウンロードして確認できんしね。
そんなんで、画像処理してみるまでどのくらい写っちょるかどうかわからん。CanonやNikonの場合じゃとダウンロードされて
きた画像をすぐに簡易画像処理して確認しちょるんじゃけどね。じゃが60秒露出じゃと写っちょらんでも諦めがつくわいね。

Pal 11 わし座(球状星団)
2018.05.20 01h28m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょります。


Cr 399 こぎつね座(散開星団?)
2018.05.20 01h16m 60sec_5exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


C/2016 M1 (PanStarrs)
2018.05.20 01h02m 60sec_5exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC5903ほか てんびん座(銀河)
2018.05.20 00h46m 60sec_3exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC5986 おおかみ座(球状星団)
2018.05.20 00h37m 60sex_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M83 うみへび座(南の回転花火銀河)
2018.05.20 00h21m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



無謀にも、光害対策フィルターを付けんで、ISO6400で南天の光害だらけの空を撮影してみたがね。
120秒のほうは、画像処理するまで真っ白で何も写っちょらんようじゃった。同時にJPEGでも撮っちょるんじゃが、
JPEGは画像処理しても色が飛んでしもうちょった。やっぱりRAWはすごいんじゃね。一応写っちょるわね。
60秒のほうは、画像処理する前から何か写っちょるというのがかすかに分かるね。ほぼ真っ白じゃが。

NGC6334
2018.05.20 00h06m 60sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょるけーね


NGC6334
2018.05.19 23h53m 120sec_4exp ISO6400 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro
トリミングしちょるけーね


この夜もよう晴れちょったので、X-M1で撮影してみたわいね。撮影条件は全て一緒じゃね。
ISO3200で60秒
。M55は低空でコンディションが良うないので、8枚撮影したが、ほかは全て4枚のコンポジットじゃね。

これ以上感度を上げて60秒露光すると、画面はまっ白けじゃね。次回は光害カットフィルターを付けて感度を上げてみようかね。

M55
2018.05.12 02h49m 60sec_8exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M14
2018.05.12 02h40m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


C/2016 M1 (PanSTARRS)
2018.05.12 01h59m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



M16
2018.05.12 01h36m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M17
2018.05.12 01h27m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



M9
2018.05.12 01h16m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M19
2018.05.12 01h07m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



M4
2018.05.12 00h57m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC6888
2018.05.12 00h47m 60sec_4exp ISO3200 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


昨夜はよう晴れちょったんで、X-M1で夏の星雲を狙ってみたがね。
撮影条件は全て一緒じゃね。ISO1600で120秒を4コマ撮って同じ条件でフラットとダークを撮ったがね。
画像処理は、このサイトに記載しとる方法じゃね。特に凝ったことはしとらんがね。
やっぱり赤はようでるようじゃね。

M17
2018.05.10 01h14m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M8
2018.05.10 01h00m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M20
2018.05.10 00h46m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC6960
2018.05.10 00h28m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M27
2018.05.10 00h07m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M57
2018.05.09 23h37m 120sec_4exp ISO1600 X-M1 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M57
2018.05.04 23h27m 60sec_4exp ISO1600 X-M1 568mm/F5.3(AL107PH+自作レデューサ(x0.8)) EQ6Pro
(枠内は等倍拡大)
ものぐさなんで、1年経ってやっとX-M1用のコントローラーを作ったがね。

当然PCからはなんもコントロールできんのじゃ。撮影が終わった時点でPCに画像を転送できるようにしただけじゃ。
そのテストを兼ねて撮影してみたがね。X-M1はモニター画像が5倍にしか拡大できんのでピントが合わせづらい。
なのでルーペを使ってピントを確認しちょる。この夜はなんか空が明るかったのでISO6400で撮った奴は全滅じゃった。
PCで撮った画像をすぐ確認できんのもつらい。ただFujiのカメラは改造せんでも赤がよく出るらしい。
夏の星雲を狙うてみることにしょう。


M13
2018.05.04 23h09m 60sec_4exp X-M1 568mm/F5.3(AL107PH+自作レデューサ(x0.8)) EQ6Pro


散開星団 Cr 350 (へびつかい座)
2018.05.04 22h52m 60sec_5exp ISO1600 X-M1 568mm/F5.3(AL107PH+自作レデューサ(x0.8)) EQ6Pro
[Cartes du Ciel]ではかなり目立って表示されるので撮ってみたがね。星がまばらな散開星団じゃね。


木星
2018.05.04 22h05m 42.1ms 500frames gain=288 gpcamar130c (sharpcap 3.1)
AL107PH (697mm F6.5)  5x balow

4月末から何回も撮るんじゃが、いまいち写りがよーない。
昨日は昼間強風が吹きまくったが、夜には少し落ち着いちょった。で、結果がこれ↓



M5
2018.04.20 00h29m 20sec 20exp gain1000 gpcamar130c (Sharpcap 3.1)
C8-N (1000mm F5)

戯れに、こいつ「Rising Tech社 GCOMOS01200KB」で、球状星団を撮影してみたがね。
ゲインはSharpcap最大の1000、露出時間は20秒。一応20枚スタックしてみたんじゃがノイズは消えん。
Altairにはオプションで、空冷ユニットがあるんじゃが効果はあるんかね?
1000mmでM5がいっぱいに映る写角じゃね。



M107
2018.04.20 00h15m 20sec 20exp gain1000 gpcamar130c (sharpcap 3.1)
C8-N (1000mm F5)



木星
2018.04.20 23h34m 67ms 200frames gain100 gpcamar130c (sharpcap 3.1)
C8-N (1000mm F5) 2.5x balow

先ほどこのセンサー(Rising Tech GCOMOS01200KB)は、Altair製品のOEM供給元の製品と書いちょいたが
最新のSharpcapではやっぱりAltair Camera (gpcam ar130c) と認識されるけーね。
PHD2 ver2.6.4でもAltair Cameraで認識されるじゃん。(日本語化ファイルはこのサイトにアップしておるよ。)

うーん、この写真はちょっと拡大率が足らんかったようじゃね。



木星
2018.04.19 00h02m 50ms 221frames gain1.5 Rising Tech GCOMOS01200KBP (ToupSky 3.7)
AL107PH (697mm F6.5) Celestron Zoom Eyepiece 8mm

奇遇にもurakanさんのと同じセンサーじゃと思うが、当方は2016年8月にAliexで購入後タンスに大事にしもうちょった。
最近こいつをINDIで使えないかと思いネットを調べまくったが、残念ながらドライバを作った奇特な人はおらんようじゃ。
ただAltairがOEMしてもらっている製造元の製品らしいことは分かったがね。
なのでAltair製品のINDIドライバが出てくるのを気長に待つちょるけーね。
下の2つはホワイトバランスを取るのを忘れちょったので黄ばんじょるが、あしからず。



木星
2018.04.18 23h37m 60ms 123frames gain1.5 Rising Tech GCOMOS01200KBP (ToupSky 3.7)
AL107PH(695mm F6.5) Celestron Zoom Eyepiece 8mm




NGC5746
2018.03.18 00h16m 120sec_9exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

3/14撮影したNGC3521の等倍拡大では腕の構造とかよく見えちょったので、NGC5746でもやってみた。
まあ焦点距離を延ばして撮影すればええんじゃろうが、そこはそれ、ものぐさでいきたいわけ〜ね。

等倍拡大


NGC5850,NGC5846
2018.03.18 00h44m 120sec_4exp ISO800 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


NGC5746
2018.03.18 00h16m 120sec_9exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M5
2018.03.18 00h01m 120sec_4exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro


M101
2018.03.17 23h31m 120sec_10exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

D5300では、まだそれほど撮影しちょらんのでいろんな天体を撮影しちょるとこじゃね。
この日は昼間いろいろ忙しゅうて、夜撮影するつもりはなかったんじゃが、いい星空なんでちょこっと撮影してみた。
ただとても寒い夜じゃった。となりの家の灯りが消えているので北天を狙うてみた。
まあISO400、120秒露出でこれくらい写りゃあ上等じゃろう。
普通に処理してもカブりが取れんかったんで、仕上げに「なんちゃってフラット処理」をしてみた。多少マシかな?


上:中央部切り出し、下:なんちゃってフラット処理





NGC3521
2018.03.14 23h04m 120sec_10exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

ここんとこ透明度が良うないね〜。
なので、ものぐさをして、ドームを動かさなくても
撮影できる範囲のものを撮っちょるからね。
じゃが、街の灯りで盛大にカブっちょるので、中心部を「等倍切り出し」したのがこの画像。
このあとは、ベタ曇りになったんで、すぐ撤収した〜ね。
ところで、digiCamControlをバージョンアップしてから、画像をPCに転送するときに音が出るようになった。
カシャってね。jpg+rawで設定しちょったんで、1枚取るたび、ご丁寧に
2回音が出るわいね。にぎやかじゃね。



NGC3521
2018.03.14 23h04m 120sec_10exp ISO400 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



M60
2018.03.11 23h44m 180sec_3exp ISO800 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro

諸事情により、ずいぶん撮影してなかったんじゃが、久しぶりに撮影してみたーね。
撮影中の望遠鏡に頭をぶつけたり、フラットフレームを撮り忘れたり、ダークフレーム撮影したあと蓋をしたまま
撮影したりと散々じゃったが、なんとか3点撮影したーね。

digiCameControlを起動したら、アップデートの案内が来たので何も考えずにアップデートしてしもうたのも原因じゃが。
じやが、カメラに全く触れる必要がないので楽ちんじゃね。



M104
2018.03.11 23h22m 180sec_4exp ISO800 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro



M53
2018.03.11 22h47m 120sec_4exp ISO800 D5300 1000mm/F5(C8-N + Coma_Corrector) EQ6Pro




手持ち撮影による中秋の名月(月齢 14.2706)
2017.10.04 20h58m 1/4000sec ISO6400 D5300
400mm/F5.6 (Tokina SD)

最近のカメラは月ぐらいなら手持ちで行ける。まあ普通の人はやらんじゃろうけど。
望遠鏡じゃないんで、肉眼で見える通りになっちょるけーね。