リンク
2018-urakan-ものぐさ
2019-urakan-ものぐさ


 
天の川(いて座付近)
2019.06.03 23h46m ISO160 30sX10exp. Pentax K-5IIs
55mmF4.0(Super Multi Coated TAKUMAR 55mm F1.8→F4.0)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
この日の透明度の高さは、自宅から天の川が見えるほどでした。
もう寝なきゃいけないのに・・・・・
 
本当は広角で撮りたいところですが、ここは自宅。
光害と障害物をかいくぐるため、少々画角の狭い55mmのタクマーの出番です。
小生のタクマーは比較的新しい個体ですが、それでも小生の年齢より2歳ほど先輩です。
先輩はクセのある奴で、使いこなすにはちょっとしたコツがいくつかあります。
っていうか、未だに使いこなせていないですけど・・・・・
最近のデジタルレンズにもちょっぴり興味が有るのですが、残念ながら円と縁がありません。
そんな小生を、収差いっぱいの柔らかい画質で、優しく包み込んでくれる先輩なのでした。
 
 

 
木星
2019.06.23 23h04m Gain50 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日は帰宅が遅くなって、どうしようかと思いましたが、
あまりにも透明度が高くて思わず開店してしまいました。
シーイングはまぁまぁレベルですが、眼視の木星はなかなかの姿を見せてくれました。
次の日締め切り物の仕事があったので早く切り上げるつもりだったのに、
結局見入ってしまいました。
 
この後土星を撮影したのですが、何故か動画ファイルが壊れていてショックでした。
 
 

 
土星
2019.06.23 00h43m Gain40 100msX1000exp. ZWO ASI120MC(640x480で2500フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
しばらく時間を置いて土星を撮影しましたが、今度は少々気流が収まっていたようです。
こちらも昨日と逆のパターン。
風が結構強かったのですが、大きな赤道儀と小さな鏡筒のおかげでさほど揺れませんでした。
昨日より露出時間を倍に伸ばしました。ザラツキは随分と軽減できました。
 
 

 
木星
2019.06.22 23h33m Gain50 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日は最低のシーイングに最高の透明度。
昨日と真逆の条件ですよ・・・・・
昨日と比べると、仕上がりがイマイチです。
やはり惑星撮影はシーイングが命ということの証拠です。
 
 

 
土星
2019.06.21 23h57m Gain50 50msX1000exp. ZWO ASI120MC(640x480で2500フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
一方の土星はまだ上がりきっていないためか、割と揺れが目立ちました。
透明度も相変わらずどころか、さっきよりも酷くなったような?
それでも写真にはソコソコ写るんですね(笑)
ただ、ザラツキが目立ってしまいました。
そんなことより周囲のノイズ消しを忘れていました。
そういえば、このカメラでROIを指定すると、指定した範囲の周囲にノイズが出ます。
これって普通のことでしょうか?
 
この後、月をと思ったのですが、残念ながら厚い雲に覆われてしまいました。
 
 

 
木星
2019.06.21 23h07m Gain50 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日は最高のシーイングに最悪の透明度。
月が出た後で分かったのですが、空一面に薄雲が張っていました。
木星を導入してもぼんやりとした球が浮かんでいる程度の見え味。
それでも写真にはソコソコ写るんですね。
 
 
 

 
木星
2019.06.11 23h10m Gain50 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日衝を迎えた木星です。
木星は現在さそり座にあり、アンタレスよりも若干東にありますが、高度が低いので条件としては良くはありません。
先ほど月を見た時よりはシーイングが落ち着いていましたが、前日より揺らぎがほんの僅か多めでした。
そのためか、縞模様の数も前日より少なめな感じです。透明度は前日より良かったのに・・・・・
やはり撮影に関してはシーイングが結果を大きく左右するのですね。
この時間では大赤斑も隠れてしまい、少々残念な感じです。
 
今回も撮影条件を変えながら仕上がりを確認しましたが、
今度はいつもの条件の方がよく仕上がりました。ただノイズは若干多めになっています。
こだわる人はやはり日によって撮影条件を検討する必要があるようですネ。
 
木星表面にはエウロパ、木星の左上にはカリストを確認できました。
 
 

 
月(月齢8.1)
2019.06.11 21h36m ISO400 1/200sX50exp. PENTAX K-5IIs(600万画素で150フレーム撮影)
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 下が北
 
この日は木星が本命でしたが、南中までにもうしばらく時間があったので月を見ました。
このところ肥えた月にしかお目にかからなかったので、
前日も含めてクレーターの多さに感激しました。
ただ、前日よりも何となくユラユラが強いような・・・・・
 
 
 

 
木星
2019.06.10 23h14m Gain25 50msX1000exp. ZWO ASI120MC(640x480で2500フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
衝の前日の木星です。
望遠鏡で覗くと絶望的なまでの透明度で、縞模様もよくわからない程でした。
シーイングはまぁまぁだったので撮影すると、意外と写りましたね。
 
小生のED102Sで撮影する木星はどうもノイズが多いので、思い切って撮影時間をいつもの倍にしました。
フレームレートが半分になるので、いつもよりコンポジット枚数を減らしましたが、
目論見通りノイズは少なくなりました。
こちらには示しませんが、いつもの条件で撮影したものと比べると、
細部の描写は少々落ちた感もしますが、トータルでこちらの方が整っていました。
 
 

 
月(月齢7.1)
2019.06.10 20h40m ISO400 1/160sX50exp. PENTAX K-5IIs(600万画素で150フレーム撮影)
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 下が北
 
当地はまだ梅雨入りしません。天気が良いのは有り難いのですが、雨不足はまた困ります。
久々に月を撮影しました。
半月なので、クレーターがたくさんですね。
長らくご無沙汰だったので、画像処理の感覚を忘れてしまいました。
 
 

 
土星
2019.06.09 01h06m Gain50 70msX1000exp. ZWO ASI120MC(640x480で2500フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
今シーズン初の土星です。
先程の木星も同じですが、ほぼ2分程度の動画露出をしています。
ただ、木星より露出がかかる分、フレーム数が半分以下になります。
画像処理しているときには、ノイズも幾分目立っているようだし、
カッシーニの隙間辺りに色収差らしきもの?が目立っていましたが、
JPEGで保存すると、結果的にどちらも目立たなくなっていました。
 
露出条件をもう少し詰めればまだ改善の余地がありそうです。
 
 

 
木星
2019.06.09 00h49m Gain50 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
6月11日に衝を迎える木星です。
もうじき入梅なので、撮れるうちに撮るのが吉ですね。
この日は何となく薄雲越しの木星でしたが、中々の好シーイングでした。
但し、コントラストは前回よりも悪くなっておりました。仕方ないですね。
写真左下のイオが木星の背後より姿を現した直後の撮影です。
 
 

 
木星
2019.05.29 23h13m Gain60 25msX1500exp. ZWO ASI120MC(640x480で5000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
会社から帰路に就くとき、ふと夜空を見上げると今日は星の瞬きが少なかったので、
帰宅後すぐに望遠鏡で木星をのぞきましたが、シーイングは可もなく不可もなくという感じ。
それよりも、コントラストが悪くて少しがっかりしました。
それでも、 もうすぐ衝を迎えるだけあって、立派な木星を拝むことができました。
 
ASI120MCの方は段々慣れてきました。
前よりは撮影条件も決まってきて、少しマシに仕上がったかな?
この手のカメラは撮影時にROIを指定すると秒間フレームが上がるし、動画サイズも小さくなるのですが、
アラが目立つので前回の320×240から、今回は640×480にしました。
もう少し待てば大赤斑がいい位置に来ていたのですが、明日もあるので今日はこの辺にしておきます。
 
 

 
木星
2019.05.04 00h40m Gain100 6msX2000exp. ZWO ASI120MC(320x240で10000フレーム撮影)
2300mmF22.5(Vixen ED102S+2.5倍バローレンズ)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
今年初の木星です。
あまり高い位置に上っていませんが、大赤斑がギリギリ出ていたのと、
シーイングがぼちぼちだったので撮影しました。
この30分後にシーイングが大荒れになりました。
短時間でこんなにも劇的に変わるのかと痛感しました。
 
カメラについては、ASI120MCのファーストライトです。
イマイチカメラの特性が掴めていませんので、まずはこんなものかもしれません。
実家においてある20cmF8反射で撮影してみたいですね。
 
 

 
NGC5068&NGC5084(おとめ座 銀河)
2019.05.03 23h00m ISO160 180sX10exp. Pentax K-5IIs
760mmF3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16IC+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド(恒星時追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
令和最初の天体写真は、NGC5068、及び、NGC5084はおとめ座南端に存在する銀河です。
いずれも7’強の大きさの銀河です。
おとめ座銀河団からは少し外れた場所にありますが、
この界隈も適当に鏡筒を振れば銀河がいくらでも入ってきます。
本当はこの辺の銀河を収集する予定だったのですが、
インターバルタイマーが不調で、30分間シャッターを下ろしっぱなしになっていました。
急遽パソコンからシャッターをコントロールしましたが、
グズグズしていたら遅くなってしまったので、今回はこの2つだけです。
 
 

 
月(月齢11.6)
2019.04.17 21h16m ISO160 1/200sX80exp. Pentax K-5IIs(モノクロモード)
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
小生が幼少(幼稚園に行く前)の頃。家庭の事情でいとこの家にしばらく預かってもらったことがありました。
いとこは3人いましたが、下の2人はなかなかキツい性格(今は優しいですよ!)で、いつも泣かされていました。
一番上のお姉ちゃんだけがすごく優しくて、小生はいつもそのお姉ちゃんにくっついていました。
お姉ちゃんは時々絵本を読んでくれましたが、その本のタイトルが「月から降りてきた少年」だったと思います。
タイトルも話の内容もあまり覚えていません。ただ、そのお姉ちゃんが本を読んでくれたことだけ覚えています。
 
そのお姉ちゃんとは成人になって以降、会ったことがありませんでしたが、
先日鬼籍に入ったとの一報を受けました。
お姉ちゃんを偲んで・・・・・
平成最後の天体写真です。
 
因みに、モノクロモードで撮った理由はありません。カメラの設定を間違っただけです!
もっとも、色調調整したら、カラーも白黒も殆ど変わりないのでまぁいいか。
 
 
 

 
ケンタウルス座付近
2019.04.06 23h30m ISO160 10sX45exp.(1分ごとに撮影) Nikon D700
200mmF4(Nikkor 200mm 1:4 開放)
固定撮影 
上関町皇座山
 
この日は久々の皇座山に家族で出かけました。
下界での透明度は最悪で、夕方山に上る途中「コリャダメかな」と思っていましたが、
山に着くとまぁまぁ?の透明度でした。
さあ撮影だと思いカメラを出すと、何と!カメラにバッテリーが入っていないではないですか!
充電したまま忘れてきたんですねぇ(笑)最近こういうチョンボが多いです。
このまま山のおいしい空気を吸って帰るかと思っていたら、
現地でカメラを貸してくれる方がいたので、有難く使わせていただきました。
 
何でこんな写真を撮ったのか?
本来の狙いはガクルックス(みなみじゅうじ座 γ星)でしたが、
さすがに水平線付近の透明度は悪かったらしく、星が殆ど写りませんでした。
残念ながら、ここに写っている星は名もなき星ばかりです。
 
 

 
NGC3200(うみへび座 銀河)
2019.04.03 21h44m ISO160 180sX10exp. Pentax K-5IIs
760mmF3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16IC+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド(恒星時追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
撮影してから1か月以上放置していた写真です。
NGC3200はうみへび座の銀河です。
この日は透明度が若干良くなったので、暗い天体を久々に狙いました。
暗いといっても12.0等の比較的明るめの銀河ですが、思った程の写りではありませんでした。
なぜかフラットがはずれています。
撮影に臨む前にカメラのCCDも拭いたのですが、新しいごみが・・・・・
このCCDのままで今日まで撮影を繰り返していました。
早めに画像処理していればこんなことにはならなかったのですけど。
やはり、記録したデータの検証は早々に行うべきですね。
 
 

 
月(月齢10.8)
2019.03.17 21h12m ISO320 1/250sX100exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
今日は部分プレセぺ星団食?でした。
撮影時間は食の直前でしたが、望遠鏡では殆ど確認ができないので、
食を待たずにそのまま撮影に入りました。
この記事を書いているちょうど今頃が食の最大のようです。
昨日よりも少々露出オーバー気味ですが、
細かいシャッタースピードの調整ができないので仕方ありません。
 
 

 
月(月齢9.8)
2019.03.16 20h51m ISO320 1/250sX100exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
前日にヒョウと落雷、この日は午前中にスコールのような雨が降りました。
いよいよ春の到来でしょうか。
夕方より晴れ間が広がったので久々に月を見ました。
シーイングは良好で久々にすっきりした月でしたが、
その後薄雲が広がって、夜半過ぎには雨が降りました。
望遠鏡にカバーをかけておいて正解だった・・・・・(笑)
 
 

 
C/2018 Y1(岩本彗星)
2019.02.24 20h19m ISO160 60sX10exp.(彗星核基準合成) Pentax K-5IIs
760mmF3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16IC+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド(恒星時追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
パソコンが壊れた直後に、ナント!ある方よりノートパソコンを頂きました。
今度のパソコンではこれまでとは一変して当家で一番優れたスペックで、
画像処理もできそうです。(ありがとうございます!)
早速PHD2とGuide9を入れて、岩本彗星を撮りました。
 
徳島県の岩本さんが発見した彗星です。
日の出前の発見とのことで、
時間帯を選べば(それと何よりも努力を重ねれば!)
アマチュアでも彗星が発見できる可能性がまだあるというお手本なのかもしれません。
 
ガイドカメラでも露出を掛ければ何とか写りましたが、
核追尾ができる程ではなかったので、短い時間で露出をしました。
この時間で天頂付近にあったので、撮りやすかったです。
ほぼ真西へ移動していますね。
 
 

 
月(月齢12.5)
2019.02.17 19h08m ISO160 1/200sX100exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
そのまま夜を待って夜の部を開始です。
小生はこの辺の月齢が一番好きです。
サラリーマンにとって無理のない時間で観望でき、
光条もクレーターも両方楽しむことができ、
写真にも撮りやすい。まさに三拍子そろっています。
そうこうしているうちに、何だか雲が出てきました。
結局、鏡筒を付け替えることもなく、この日は終わってしまいました。
 
そういえば今年に入って、何だか昼の観望の方が多いですねぇ・・・・・
 
 

 
火星
2019.02.17 15h44m ISO100 1/1000s Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
お次は火星です。1.1等ということで、水星とは7倍程度の光量差があります。
もっとも、いずれも目盛環と写真の力を借りないと導入は難しいので、
難易度はほとんど変わりません。
 
 

  
水星
2019.02.17 15h42m ISO100 1/1000s Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
金星が沈んでしまったので、次に明るい水星を撮影しました。
-1.1等。27日に東方最大離角を迎えるので、だんだん見頃に近づきつつあります。
勿論、昼に見る人なんてあまりいないでしょうけど・・・・・
 
 

 
太陽
2019.02.17 15h35m ISO100 1/1000sX100exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日は午前中まで当星もようの新年会でした。
帰ったら何となく晴れていたので、何となく望遠鏡の方へ(笑)
いつものように昼間の太陽系巡りです。
まずは太陽からですが、盛大なゴミがセンサーについていました。
直後は気付かなかったのですが、これはあまりにも格好悪いなぁ・・・・・
 
今回は粒状班?を際立たせるようにかなりきつめの画像処理を施してみました。
ただのノイズだったらどうしよう・・・・・(笑)
 
 

 
火星
2019.02.10 13h32m ISO100 1/1000s Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
次は火星です。
星図ソフトのGuide9で赤道座標を確認後、目盛環の力を借りての導入です。
実は、またもやノートパソコンが故障しました。今度はバックライト切れです。
何とか直しましたが、基盤の接触が微妙で、付いたり消えたり・・・・・
修理は可能ですが、修理手間とパソコンの状態と性能を考えるともはやコレまでですネ・・・・・
10年以上お世話になったのですが、遂に引退です。
当分はデスクトップパソコンでガイドと撮影を行わなければ・・・・・(笑)
 
さて、火星は1.0等まで暗くなっています。導入しても視野内では分かりません。
恒星なら余裕なのですが、惑星の1.0等はもはや厳しいです。
パソコンに撮影データを吸い上げて、レベル調整後ようやく存在が分かりました。
 
この後、雲が出てきて、このまま引くことはありませんでした。
今日はコレが引き時ですね。という訳で、店じまいしてそのまま寝ました。
皆さんも風邪には気を付けてください!
 
 

 
月(月齢5.3)
2019.02.10 13h17m ISO100 1/1000sX50exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
お次は月です。このくらい月が太くなると、昼間でも肉眼で一目見て分かります。
しかし望遠鏡で見る昼間の月はとても幻想的ですね。
月のバックグラウンドだけでなく、月面の欠けた部分も空の青さに染まっており、
まさに地球の大気に溶け込んだ雰囲気です。
昼間の観望会というのも中々オツなものですね。
 
 

 
太陽
2019.02.10 13h05m ISO100 1/1000sX50exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
今日は風邪気味だったので、会社を早退して帰宅しました。
さっさと寝ればいいものを、空を見ると何だか晴れていますねぇ・・・・・
そのまま庭に出てチョットだけヨ!(笑) というわけで、まずは太陽です。
赤経の目盛環を合わせるための大事なプロセスでもあります。
撮影後にヒストグラムを確認すると、随分と波形が乱れていました。
いよいよアストロソーラーフィルターが限界なのですが、相変わらず使い続けています。
その代わり、カメラの光学ファインダーを絶対に使わないようにしています。
 
 

 
月(月齢15.5)
2019.01.21 22h16m ISO100 1/200sX100exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
今日は満月、しかもスーパームーンらしいです。
小生は年内でスーパームーンとミニマムムーンをセットで撮影したことがないので、
今年はちょっと頑張ってみようと思った次第です。
この固い意思が6か月後にも保たれていますように・・・・・(笑)
 
あと、米国で皆既月食だったようです。日本では部分月食すら見られなかったです。
月食は割とよくお目にかかることのできる天文現象ですが、
いざお預けを食らうとモヤモヤ感が拭い切れませんね。
 
 

 
38P(Stephan-Oterma彗星)
2019.01.08 23h37m ISO160 60s×10(彗星核基準合成) Pentax K-5IIs
760mmF3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16IC+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド(恒星追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
こちらはStephan-Oterma彗星です。
Wirtanen彗星と同様、可能な限り追い掛け続けていますが、
もはや彗星の見掛けの固有運動もあまり目立ちません。
色味も大きさもジミですが、尾は良く分かります。
  
 

 
46P(Wirtanen彗星)
2019.01.08 22h57m ISO160 180s×10(彗星核基準合成) Pentax K-5IIs
760mmF3.8(Vixen R200SS+コレクターPH)
ATIK16IC+500mm/F6.5(Borg77)にてオートガイド(彗星核追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道
 
地球への最接近から徐々に遠ざかっているWirtanen彗星です。
少し暗くなっているため、0.5秒露出での彗星核ガイドが困難になっていましたが、
2秒露出でガイドが可能となりました。
ガイド時の星の流れが随分少なくなっているのが分かります。
緑色の彗星に明るい赤い星と青い星が写って、中々カラフルになりました。
 
 

 
地球衝(月齢2.3)
2019.01.08 18h08m ISO800 1s×20exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド(恒星追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
ついでにこのまま地球衝を撮影しました。
先程の撮影からシャッタースピードを変えただけです。
まさに一粒で二度おいしい撮影です(笑)
 
撮影途中に電柱がフレーム内に入ってきました。
ギリギリのところで電柱は止まったようです。
 
 

 
月(月齢2.3)
2019.01.08 18h06m ISO800 1/125s×50exp. Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S)
ノータッチガイド(恒星追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
この日は夕方通院の日でした。
帰宅時に細い月が西の空に沈みつつありましたが、
なんと!この細い月が何重にも見えるではないですか!
これはショックでした。乱視も遂にここまで来ていたのか・・・・・
 
帰って記念撮影をしました(笑)
細い月の撮影は難しいですね。
シャッタースピードの選択に苦労しました。
 
 

 
 
部分日食
2019.01.06 10h19m ISO100 1/1000s Pentax K-5IIs
920mmF9.0(Vixen ED102S) アストロソーラーフィルター使用
ノータッチガイド(恒星追尾) 
Losmandy GM-100EQ赤道儀 防府市台道 トリミング済み 下が北
 
あけましておめでとうございます。
今年最初の投稿は部分です。
この日は出社していたのですが、一度帰宅する予定があったので(半ば強引な予定でしたが 笑)
前日夜より機材だけはスタンバっておきました。
 
食が最大となる9時50分あたりは曇っていたのでこれはダメかと思いましたが、
帰宅すると奇跡的に晴れているではありませんか!
1枚だけシャッターを切ってすぐに出社しました。
 
今年は何だか幸先のよいスタートです!
そうそう、今年の目標。
昨年は100枚投稿何とか達成しました。
今年は正直そこまでは難しいと思いますが、目標は高く。
一応100枚投稿としておきます。