リンク
2020-4-Offline-ものぐさ,
2020-1-Offline-ものぐさ
, 2020-2-Offline-ものぐさ, 2020-3-Offline-ものぐさ

2019-1-offline-ものぐさ , 2019-2-offline-ものぐさ, 2019-3-offline-ものぐさ




火星
2020.09.23 00h23m-31m 20ms_93exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.21 01h45m-51m 20ms_118exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.15 02h05m-12m 20ms_224exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



NGC718(うお座銀河)
2020.09.14 22h52m 300sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



NGC545(くじら座銀河)
2020.09.14 22h46m 300sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.13 23h36m-45m 20ms_212exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



NGC7462(つる座銀河)
2020.09.13 22h41m 240sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



IC5078(やぎ座銀河)
2020.09.13 21h57m 240sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



NGC6923(けんびきょう座銀河)
2020.09.13 20h55m 180sec_7exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.13 01h05m-15m 20ms_135exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.08 01h35m-39m 18ms_200exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.09.01 01h50m-54m 18ms_190exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.31 20h49m-50m 100ms_88exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.31 01h42m-51m 20ms_249exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



M33(さんかく座銀河)
2020.08.30 04h08m 180sec_4exp ISO1600 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.30 03h09m-13m 18ms_165exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市
★ほぼ南中高度での撮影です。シーイングにも好影響があったようです。



木星
2020.08.29 22h07m-08m 80ms_77exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市
★黒点は衛星ガニメデの影です。



小惑星 パラス
2020.08.27 21h26m+22h04m 180sec_2exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★パラスは軌道傾斜角が大きいため、現在は黄道から大きく離れたヘルクレス座にいます。
ケレスが準惑星に昇格して小惑星から抜けたため、
大きさで2番手だったパラスがトップの座についていますが、
今は太陽から遠く離れ(約3.4au)、明るさは10等ほどです。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.27 20h10m 120sec_3exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★上限過ぎの月がありましたが、しばらく間が開いたので、どんな様子か撮ってみました。
光害に埋もれていることを考慮しても、ずいぶん弱々しい姿になりました。



土星
2020.08.24 21h41m-45m 400ms_178exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.24 21h00m-01m 120ms_123exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



準惑星Ceres
2020.08.24 02h05m+02h25m 120sec_2exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.24 00h26m-30m 25ms_77exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.08.23 21h46m-51m 400ms_122exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.23 21h19m-20m 120ms_119exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.23 01h14m-18m 25ms_139exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.08.22 22h05m-10m 400ms_121exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.22 22h00m-01m 100ms_111exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.21 01h46m-50m 22ms_90exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.08.18 23h26m-30m 300ms_156exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.18 23h12m-13m 80ms_89exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.18 00h48m-51m 20ms_165exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.08.18 00h26m-30m 300ms_132exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.18 00h14m-15m 80ms_100exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.17 01h01m-05m 23ms_222exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



冥王星 2時間の動き
2020.08.16 22h33m 180sec_3exp+2020.08.17 00h33m 180sec_3exp ISO3200 D810A
1800mmF10(Mirage-7) LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11
4500mm相当の画角にトリミング 周南市
★ただの点にしか写らないものを撮ってもなーと、今まであまり興味が湧かなかった冥王星ですが、
urakanさんの投稿を見て、自分でも撮ってみたくなりました。私の“初”冥王星です。
恒星と区別するため、2時間空けて撮った画像を南北にズラして重ねました。
初め、冥王星は両サイドに15.4等(右)と15.5等の星を従えて「三点リーダー」みたいな位置にいましたが、
2時間後の写真では右の15.4等の星と重なり、増光したように写っています。
太陽の周りを一周するのにおよそ250年もかかる冥王星ですが、
2時間の差で明瞭に移動が検出できるのはちょっと驚きでした。



土星
2020.08.16 22h00m-04m 300ms_87exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.16 21h41m-42m 80ms_117exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.16 20h03m 30sec_8exp ISO3200 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.16 02h05m-09m 25ms_110exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.08.16 00h00m-05m 300ms_141exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.08.15 23h16m-17m 80ms_116exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.15 20h28m 30sec_9exp ISO3200 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



火星
2020.08.15 00h26m-30m 25ms_175exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Celestron C-8(2000mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.14 20h15m 30sec_8exp ISO3200 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



ネオワイズ彗星(C/2020 F3)と流星
2020.08.13 21h22m 15sec ISO3200 D810A 35mmF2→F5.6 固定撮影 鹿野
★尾が薄く短くなると、広角の固定撮影ではどこにネオワイズがいるのか分かりづらいですね。
なので、目印を入れておきました。
流れ星はペルセウス群でしょうか。
撮影中にちょうどクルマが前を通過し、そちらに気をとられている隙に流れたようで、
自分では見ていません。見ていれば、思わず声が出るぐらいの流れ星だったでしょう。残念!!



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.13 20h40m 180sec_4exp ISO3200 D810A 200mmF4→F8 SKYMEMO-P- 鹿野
★こちらは北を上にしています。画角内にパンスターズ(C/2017 T2)もいます。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.13 20h07m 120sec_8exp ISO1600 D810A 105mmF2.5→F5.6 SKYMEMO-P- 鹿野
★久しぶりにヌケのよい青空が広がり、このまま日が暮れれば素晴らしい星空が期待できそうです。
ネオワイズは夜空の暗いところではまだ一度しか撮っていないので、
今夜2回目を決行することにして長野山を目指して出発しました。
しかし、長野山は山頂一帯の樹木が年々高くなり、しだいに視界が狭まってきているうえ、
キャンプ客の多い時期ですから、自由に場所選びができるとは限らず、
うまく西の視界が確保できなければアウトです。
そこで、方針を変更して鹿野の市街地で撮ることにしました。
周囲には照明もたくさんありますが、自宅とは次元の違う星空で、
天の川が当たり前のように見えていました。
この写真は天頂方向を上にしています。



火星
2020.08.13 00h50m-54m 30ms_208exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11
★日付が変わり、火星の高度が30度を超えたあたりからシーイングが安定してきました。
まだ視直径は小さいですが、大シルチス、小シルチスなど、お馴染みの地形が確認できます。



土星
2020.08.12 23h30m-36m 400ms_240exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11
★カッシーニの空隙が全周つながった写真を撮りたいものですが、
今シーズンはまだ実現していません。



木星
2020.08.12 23h15m-16m 120ms_135exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11
★熱帯夜の庭でネオワイズを撮り終えたときは空の8割がた雲が覆っていましたので、
これ幸いとエアコンのきいた部屋に駆け込み、汗を乾かしながら早速画像処理にかかりました。
作業を終えて外を見ると、いつの間に雲が引いたか、
木星と土星が撮ってくれと言わんばかりに明るく輝いていました。
で、再び出動です。
気流は比較的安定していましたが、若干薄雲があるらしく、いつもより長めの露出が必要でした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.12 20h22m 30sec_12exp ISO1600 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★今夜も雲が多く、ヌケの悪い“半透明”状態の空ですが、撮影を強行します。
カメラの背面液晶で画像をチェックすると、ヒストグラムは昨夜よりさらに右にシフトしており、
見た目はほぼ真っ白状態でした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.08.11 20h37m 30sec_8exp ISO1600 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★ようやく梅雨が明けたころには月が明るく、やっと月明かりの影響を受けなくなったと思ったら、
今度は台風が連発して天気が悪い日が続き、そういう意味では見にくい彗星です。
今夜は短時間の晴れ間がありましたので、その後どんな様子か久しぶりに撮ってみました。
「晴れ間」と言っても、透明度は悪く、“半透明”と言ったほうが適切と思われるぐらい白濁した空です。
そんな状況下での撮影でしたが、まだしっかり存在感は保っているようです。



木星
2020.07.31 22h29m-30m 80ms_140exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.07.31 21h47m 120sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★続いて、明るさで今も上位をキープし続けているパンスターズ(C/2017 T2)に向けてみました。
ネオワイズ、レモン、パンスターズ、いずれも西空で激しい光害にさらされていますから、
写りが悪いのは仕方ありませんが、およそ40日ぶりに見る姿は、消え入りそうなほど微かでした。



C/2019 U6(Lemmon)
2020.07.31 21h31m 120sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★続いてC/2019 U6(Lemmon)に向けてみました。
ネオワイズばかり注目されて影の薄いレモンですが、街明かり+月明かりでいっそう影が薄い姿です。
これでも、いま見えている彗星としては上位の明るさですから、
いかにネオワイズが明るいかがわかります。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.31 21h15m 60sec_6exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★さらに焦点距離を上げて1800mmです。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.31 20h39m 30sec_7exp ISO1600 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★今日は自宅で撮影です。
街明かりに月明かりまで加わっては、どうせ長大な尾は望めませんから、
焦点距離を上げて頭部付近を狙いました。北を上にしています。



北斗七星とネオワイズ彗星(C2020 F3)
2020.07.30 22h17m 15sec ISO6400 D810A 35mmF2→F5.6 固定撮影 鹿野
★長野山からの帰路、鹿野の市街地で目星をつけていた場所に立ち寄ってみました。
北西の低空まで視界が確保でき、ネオワイズを撮るにはなかなか良い場所でした。
長野山とはだいぶ差がありますが、月明かりがなければじゅうぶんイケるのではないかと思います。



北斗七星とネオワイズ彗星(C2020 F3)
2020.07.30 21h17m 20sec ISO6400 D810A 35mmF2→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.30 20h57m 60sec_4exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.30 20h37m 60sec_7exp ISO3200 D810A 105mmF2.5→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山
★今日、ようやく梅雨明けの発表がありました。
ネオワイズは自宅からしか撮っておらず、一度は光害のないところで撮りたいと思っていましたが、
悪天候が続いていました。
ようやく梅雨が明けたら月が大きくなっているという、なんともタイミングの悪い彗星です。
月明かりの影響を少しでも軽減するには透明度が重要ですから、
標高の高いところが有利と考え、長野山(1015m)で撮影することにしました。
星が出始めたころ雲が広がり不安がよぎりましたが、ほどなくして雲は消え、
煌々と輝く月とともに星空が広がりました。
ネオワイズは月明かりの影響を差し引いてもだいぶ暗くなっており、
双眼鏡で短く尾が確認できるという程度で、肉眼で易々というわけにはいきませんでした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.20 20h41m 30sec_10exp ISO1600 D810A 200mmF4→F8 SKYMEMO-P- 周南市
★なかなかスッキリ晴れません。今晩も雲か煙か、街明かりを反射してどんよりした空です。
それでもイオンテイルが伸びているのが分かります。



土星
2020.07.18 00h39m-44m 450ms_300exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.07.18 00h34m-35m 80ms_142exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.17 20h37m 8sec_9exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 周南市
★双眼鏡で何とか見えるぐらいのコンディションでしたが、
強引な画像処理でイオンの尾らしきものが出てきました。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.17 20h26m 5sec_5exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 周南市
★彗星の高度が少しずつ上がっているので、
北極星が見え始めるのを待ってスカイメモをセットしても、
撮影時間が確保できるようになりました。
市街地では短時間露出しかできませんから、極軸合わせも大雑把で問題なし。
でも、空がいけません。雲だか霞だか分かりませんが、
彗星は双眼鏡でかろうじて見えるような状況でした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h59m 5sec ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h35m 4sec ISO3200 D810A 105mmF2.5→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h33m 4sec_2exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市
★ネオワイズがいる方向は水蒸気が充満したような透明感のない白濁した空でしたので、
昨夜のようなスッキリした姿は撮れませんでした。
それでも、天候が不安定な中で、撮れただけ良かったです。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.15 21h00m 5sec ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.15 20h41m 5sec ISO1600 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市
★悪天候続きでジリジリしていましたが、今夜は北西の低空だけ雲の隙間があり、
やっと見ることができました。